File04:P-47Aces(ジャレコ/NMK)
タイトル  1面ボスは問題ない

2面ですでにこんな感じ  3面は地獄絵図



★いつものアレでは満足できない貴方に送るシューティング

P-47Acesは、同じくジャレコ/NMKの名作「P-47」の続編です。
まさに10年越しに登場した続編シューティングというわけで、現代テイスト溢れるショット&ボンバーで敵を薙ぎ払うゲームに仕上がっています。

自機は4種類から選択でき、それぞれが個性溢れる攻撃を持っています。
爆弾とワイドショットをメインに散布するサンダーボルト、サーチショットで初心者も安心の機体ブラックウィドウ、スピードは遅いが火力抜群のソードフィッシュ、正面ショットがメインながらも最速スピードで切り込めるスピットファイア
実在の機体が存分に爆撃するので、結構派手な展開です。

パワーアップは基本的に2種類だけで、単純にアイテムを取りまくればパワーアップするというシンプルさ。

要所要所に隠されている隠しボーナスや地面に体当たりすればスコアが跳ね上がるなど、NMKらしいテイストも存在しています。


★でも難易度は…。

しかし。
このゲーム、半端無く難しいです。

もうすでに1面から「これって初心者にはよけるの無理ちゃうの?」って思わせるような攻撃があり、2面までノーミスで行くと弾が高速かつ大量に放たれるようになってきます。
3面にもなると、敵を1機残しただけで高速弾や3WAY弾の山に埋もれるようになり、ほとんどの敵の場所を覚えて対処しないと攻略は無理な感じでした。

弾をよけるにしても、高速かつ隙間が狭い!

しかも1度でも撃破されてしまうと装備が全て剥がされるので、敵を捌ききれずにまた敵弾の山に埋もれる悪循環のドツボに…
慎重によけるにしては少々無理のある弾幕も見受けられ、確実に初心者お断りのシューティングになっちゃってます。


昔のNMKシューティング「バルトリック」の難しさもキテいるものがあると言われていますが、難易度だけで見るとこのゲームはまさにそれの再来というべきもの。
全部で8ステージあるみたいなのですが、初心者なら2面ですでに終了、中級者でも頑張って4〜5面までしか辿り着けないでしょう。

まぁ全国でもクリアしている人は何人かいるようですが、クリア達成者はよほどシューティングに慣れているマニアぐらいのもの。
特別な感情でも持たない限り、手出しはできません。


前作はまったりとしていたのに、今作では激ハードシューティングになるサマは、まるで甘口のカレーライスに唐辛子をかけまくり、さらにハラペーニョとキムチを付け足すぐらいの暴挙としか思えません(笑)


★やり込んでもダメなのさ

えっと、このゲームの難易度はともかくとしても、自分は結構やり込んでいました。今やコムシティの破産やら何やらでもめている黒崎のゲーセンで(…ってジモティにしかわからんな)

どれだけボムを溜めてピンポイントで使うかを目指してみたのですが、さすがに金の関係もあって、そこまで深くやり込めませんでした。

脅威の攻撃力とスピードを持つスピットファイアを持ってしても、6ステージでボムが足りなくなる事がほとんど…
最終面までの道のりはどうしても高嶺の花です。
弾の速さと多さに負けてしまいそうな感じでした。


なのにアルカディアには6面ボスでの稼ぎ法が載っていて、あぁ、上手い人はいいなぁとひがんでいたものでしたが(笑)


そういえば、今は亡きゲーメストの攻略でも「簡単」などと書かれていたのがひどく印象に残っているのですが…


驕りにしか見えねぇ〜


★サンダーボルト萌え?

このゲームのタイトルであるP-47、すなわちサンダーボルトなのですが、そのサンダーボルトに乗っているパイロットが
結構可愛いんです。

パープルのショートヘアが印象的。

ということは、この子が主役ってことなのでしょうか。
だとしたら何かすごいぞ、Aces(笑)

しかしここまで童顔で21歳ってのも信じられない話…
まぁ俺も28歳なのに未だに童顔などと言われますが(←アホ)



ちなみにサンダーボルトの使い勝手はイマイチ…



前に戻る

タイトルに戻る