ウィッチの性格は?


ウィッチのぷよ通におけるニックネームは「森の根性悪少女」。つまり、性格的には相当なひねくれ者である。
例えるならば「とんかつに普通ならソースか醤油をかける所を、彼女はマヨネーズをかけて食べている」といった所か(笑)

基本的には相手の言う事には同調しない、マイペースな所がある。「ぷよぷよ〜ん」ではアルル達が「ピクニックみたいだね」とみんなではしゃいでいる所にウィッチは「いいわねえ、ガキはのんきで」と軽くあしらう所なんか、その性格が表れている。
「そんな事言うウィッチもガキ同然じゃん!」というツッコミはあえてなし(笑)

デフォルトで設定された性格でも「自分に正直」な所があると設定されている通り、信じるのは常に己自信。自己を偉大に表現して相手を傷つける事も少なくない。
実際にこういう女性がいるならば引いてしまうのが普通である。現実的に言うと、そんな厄介な性格をウィッチは持ち合わせているのだ。


しかし、そんな彼女にも裏の顔は存在している。

「魔導師の塔」では実の叔母であるウィッシュのピンチを、身を呈して助けようとする所は、肉親を思う気持ちから生まれるもの。実はウィッチは相当な親思いのいい子である事がここで確認できる。
しかも、ここではシェゾにも素直に魔力を与えるし・・・。
惚れたか
(違うか)

また、「セリリのはっぴーばーすでぃ」では、ウィッチがエンディングで「メテオで流星を降らせて、流れ星を作って、お友達がほしいとお願いしたかった」と告白する辺り、ひねくれた自分を見せすぎたあまり、友達ができなくなったウィッチの寂しい心情が見えてくる。
ウィッチも相当な苦労人だな、と改めて思い知らされる。

こうして見ると、ウィッチも実は素直な女の子である事がおわかりいただけただろうか?
これだけでもウィッチの見方が変わってきたのではないかと思う。
強気な態度の中に時折見せる弱気な態度が、逆にファン層を強めたのではないか、と思ったりもする。


戻る